カラミざかり」のあらすじを紹介

NTRの話はたくさんありますが、この作品の場合はそれにちょっとアレンジが入った感じがしました。

おそらく「あの場」に足を踏み入れた段階では居合わせた全員が未経験者だっと思われますが、そこでNTRを見てしまう、それに対して何もできない切なさというかもどかしさというか、そんな感情さえも上手く描かれています。

こういった表現も読む側の興奮度を引き上げてくれるのです。

 

⇒ 最新版「カラミざかり」12の魅力を徹底解説!!(画像付き)

 

 

「カラミざかり」はどんな作品?

主人公らの初々しさが感じられるからこそ、読者は登場人物たちに対して微笑ましく感じたりします。

主人公が思いを寄せるヒロインが寝取られますが、その現場を目撃した表情が良く描かれています。

悲しくも切なさあり、同時に何か背徳的な感情が生まれている気がします。

主人公は内に秘めた欲望を、別の女友達にぶつけることになります。

心は悲しみでいっぱいなのに、体は正直なものです。

当作品では確かに性描写は大目ですが、仮にそれが少なめでも十分に楽しめるものです。

それだけ、登場人物たちの心理描写が巧みだということです。

 

「カラミざかり」のあらすじ

クラスメイトの男女4人は、いつも他愛無い話をしながら高校生活を送っていました。

それがある日、一人の男子の部屋に4人で訪れたことから、事態は急展開していきます。

性に対する好奇心旺盛な女子の発言から、互いの下半身を見せ合うようになります。

そして、若さゆえの多感さから、それぞれが一線を超えてしまう展開となります。

それ以降、性が好奇心の中心となり、様々な場面で4人は複雑にからみ合います。

それは,体だけではなく心も含めてのことでした。

 

「カラミざかり」の好きなシーンは?

エロ動画を見ながらベッドで自分を慰める主人公・高成。

動画のAV女優は片思いの里帆にそっくりで、彼女をAV女優に重ねて妄想に耽ります。

この動画は親友の貴史が見つけたものですが、その事実を里帆に知られていました。

彼女に知られたことを最悪に感じながらも、ますます彼女への想いが高まっていくのでした。

「里帆もオナニーをするのだろうか」そう考えるだけで、高成の手の動きが速くなります。

実はそのとき、里帆も自宅のベッドでアソコを触っていたのでした。

 

 

読んでみた感想

主人公らの初々しさが感じられるからこそ、読者は登場人物たちに対して微笑ましく感じたりします。

主人公が思いを寄せるヒロインが寝取られますが、その現場を目撃した表情が良く描かれています。

悲しくも切なさあり、同時に何か背徳的な感情が生まれている気がします。

主人公は内に秘めた欲望を、別の女友達にぶつけることになります。

心は悲しみでいっぱいなのに、体は正直なものです。

当作品では確かに性描写は大目ですが、仮にそれが少なめでも十分に楽しめるものです。

それだけ、登場人物たちの心理描写が巧みだということです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です