「からみ盛り」漫画を読んでみた(感想!)

 

セックスに興味がないような顔をしていても

実は興味がありエロいシチュエーションになると

 

すんなりと体を委ねる高校生ならではの展開が楽しめます。

 

密かに憧れている女子高生に似ているAV女優をおかずに・・・

オナニーをする男子高校生が、AVのなかでオナニーをする女優を見て・・・

好きな娘も自分でするのかなとぼんやりと思っている・・・

 

という、純粋な顔をしていても

実はセックスに興味津々というようなシチュエーションがたまりません。

 

 

「からみ盛り」のあらすじ

エロい目線で見ているわけではないものの

高校生が性に興味を持つのは当たり前であり

互いに両思いであるような主人公と

AV女優に似ている純粋そうな女子が

二人きりでもセックスには至らなかったものの

 

友達の家に集まることになったとき

突如として始まった互いの友達のセックスに巻き込まれていきます。

 

童貞と処女を喪失するというまでの流れを赤裸々に描いている

エロさと高校生らしい純粋な気持ちなどを表している漫画です。

 

 

 

「からみ盛り」のドキドキシーとは?

坊主で性欲の強い、このまんがのキーパーソンとなっているような

オナホを持っている青年とギャル系の女子のセックスの

始まりを予感させるやり取りが最高です。

 

オナホを使ってみてという女子に対して

大きくならないと使えないから手伝えと言う

互いの出方を見定めているようなやり取りは最高です。

 

「もっと強く握って」と言われるがままに握り

胸も触らせてくれるその様子を

主人公たちがドキドキしながら見ているのも最高です。

 

読んでみて最後に!

正にタイトル通りにからみ盛りである

性欲に芽生えた男女の様子をうまく表現されています。

 

互いにセックスに興味があるもののなかなか関係には至らない二人が

目の前で繰り広げられているクラスメイトのセックス

に釘つけとなり

 

誘われるままに

それまで別の人とセックスをしていた者と

変わってセックスするという

高校生ならではの慣れていないセックスと

 

急いで挿入してしまう若々しさなどもあり

更には好きな人の処女が目の前で奪われるという

寝とりも楽しめる傑作です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です