カラミざかり 画像付きで興奮ポイントを真剣解説!

 

カラミざかり 超興奮する展開!

主人公の高成は、スケベな貴史と親友です。

高成はクラスメイトの飯田に片思いをしています。

 

また、飯田の親友は新山というところが

登場人物のあらましになります。

 

ある日、貴史はオナホを通信販売で購入し貴史に報告

これを新山が聞きつけ、貴史に見せるように言い・・・

 

仕方なく貴史は自分の家でオナホを見せることになりますが

新山が自分のアソコを見せて貴史のオナニーを手伝い始めるのです。

 

 

 

 

二人の行為はエスカレートして

とうとうセックスまで発展します。

 

セックスの後、貴史は飯田を押し倒して

今度は飯田とセックスをします。

 

また、高成は新山にフェラをされ

射精してしまいます。

 

カラミざかり の興奮ポイントは?

これは、なかなか想像するだけでも

抜けてしまうストーリーです。

 

また、絵もきれいで更に良かったです。

 

感想ですが、まず新山が下着をずらして

皆の前で恥ずかしそうにアソコを見せるシーンは

初々しさも感じられてゾクゾクとしてきました。

 

そして、フェラのあとに貴史に

新山が愛撫されているところも

臨場感があって良いです。

 

 

 

 

さらに、貴史が高成と飯田の目の前で

新山とセックスしてしまうところまでだけでも

最高に興奮してしまいます。

 

これでも十分なのですが

さらに貴史の好きな飯田が愛撫されるところ

 

そして目の前で親友と

セックスしてしまうところ

 

を高成が眺めているところは

寝取られの要素もあって

興奮の限界を越えてしまいそうです。

 

 

 

そのあと、貴史の母親が帰ってきて

みんなで急いで家を出ますが、最後のシーンで

 

(初めてセックスして、股間が)変な感じ

 

という新山と飯田の会話が

リアルな感じで印象に残りました。

 

話はここで終わっていますが

この後の続きがあれば読んでみたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です