「カラミざかり」新鮮で酷いNTR作品でした。

高校生の性に興味を抱いている四人の

リアル過ぎるセックスの流れが魅力です。

 

激しいアへ顔も過激な描写も有りませんが

それがリアルなセックスを表しているようで

四人の見られたくない部分を覗き見したような気がします。

 

⇒ 最新版「カラミざかり」4の魅力を徹底解説!!(画像付き)

 

 

「カラミざかり」はNTR作品です。

体力も性欲も持て余しているDKとJKとが一つの部屋に篭っちゃったら

しかもJKたちはかわいいコ揃いだし、勢いにまかせてこうなりそうと思える話です。

 

本心と行動結果がすれ違う男女のストーリー。

今後どうなるのかと次なる展開への期待も高まらせるエンディングだったと思います。

 

カラミの描き方もよくて視覚的興奮にも満点です。

 

初体験が異質なものとなり

本当にこんな形になってよかったのかと思っているだろうキャラたちの

迷いみたいなものも感じられてNTRものとしても最高です。

 

「カラミざかり」のストーリー

男子校生の高成には貴史という同級生がいるが

その貴史は性に対する関心が高くそれを隠そうとする素振りさえない。

 

女子校生の智乃はそんな貴史をたびたびからかっている。

智乃と仲のいい里帆に高成は密かに好意を寄せていた。

 

学校内の女子校生たちを体で品定めする貴史にあきれるばかりの高成だが

その貴史がある物を手にしたことを発端に四人の関係が

大きく動き出したちまち「初体験」の時を迎えることになる。

 

その「初体験」はある者にとって待望であり

ある者にとって失望に近いものだった。

 

「カラミざかり」ネタバレ解説

高成は同じクラスにいる里帆に好意を抱いているが

友人・貴史の所構わずな下ネタ連発に付き合わされて

彼女に幻滅されていないか気になっている。

 

里帆の友人・智乃が貴史が購入したというある物に興味を持ち

それを見たいということで高成と里帆もなし崩し的に連れられて貴史の自宅に四人が集まる。

 

貴史が入手したのはオナホであり

智乃はそれを実際に使ってほしいと貴史に言う。

 

彼は、おそらく実現しないと予想して

ある条件が整えばオナホを使う様子を見せていいと智乃にカマをかける。

しかし、智乃は大胆にもそれを受け入れる。

 

貴史の出した条件とは、自分が性器を露出することになるのだから

智乃も性器を見せろ、おかずにさせろというものだった。

 

思わぬ展開で自慰を始める男友達とそれを手伝う女友達を

呆然と眺める高成と里帆だったが

話はこれだけでは終わらない。

 

心の中が熱くなるのはもちろんだが

やがては高成も里帆もそれぞれの体に変化を表してしまっていた。

 

本心を明かせないまま相手を意識するのは高成だけではなく

どうやら里帆もそのようだ。

だが、二人の熱くなった心と体はとんでもない方向へと向かわされ・・・

 

 

読んでみた感想

貴史と彼の二人目の相手とのセックスシーンがエロいです。

舌入れキスから貴史が口を離しても

まだ唾液が両者の口をつなぐくらいのディープさ。

 

その後からは腰を女のアソコを目がけて懸命に動かします。

その動きに刺激されてしまった相手の女は

真っ赤になった顔を上下に大きく動かすし

両手を強く強くぎゅっとさせている。

 

この画だけでも相手の女が

最高に興奮しているとわかってしまいます。

 

貴史はそれからもやりたい放題で

二人の脚側から見た正常位での激突き抜き差しは圧巻です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です