【画像解説】カラミざかり2話 あらすじとネタバレ

 

 

カラミざかり2話のあらすじ

吉野貴史は親友の山岸高成に対して

「昨日、ついに届いたんだよー。オナホが」

とオナホを購入した事を自慢し、高成にも貸してあげると教室で話していました。

 

そんなエロ話を二人と仲のいい女の子新山智乃と飯田里帆に

また聞かれてしまいました。

 

オープンスケベな智乃はオナホを見てみたいといい

成、貴史、里帆、智乃の四人で貴史の家に行って

オナホ観賞をする事になります。

 

そしてスタートしたオナホ観賞会ですが、智乃の要求が

エスカレートしてエッチな展開になっていきます。

 

新鮮でドキドキする展開に

小さくガッツポーズをしてしまいました。(笑)

 

 

 

カラミざかり2話のネタバレ

山岸高成が購入したオナホを観賞するために貴史の家に行った

高成、貴史、里帆、智乃の四人。

 

オープンスケベな女の子である智乃は貴史に

「使ってみてよ!」と顔を赤くしながらも要求します。

 

貴史は断りますが、「いーじゃん!どんな感じなのか見ててみたい」

と要求を続けます。

 

どうしても断りたい貴史は、智乃がパンツを脱いで性器を見せ

智乃がオナホを使って貴史にシコシコしてくれるなら見せると答えます。

 

これで断ると思ったら、智乃は

「いいよ」

と言うと顔を赤らめながらも

 

高成、貴史、里帆の三人が見る前でパンツを脱ぐのでした。

まさかの、ヤバイ展開にちょっと引きました。(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です