カラミざかりの「話」「巻」購入方法での差を検証してみた!

 

今まで電子書籍で漫画を5年購入をしてきた私ですが

今まで「話」、「巻」での購入方法の差について、全く意識せずにいました。

 

同じ内容を読むのに「話」、「巻」とで金額が違うのはどうして?

と5年越しに感じ(遅っ!)

話と巻の両方を購入してみて検証してみました。

 

人気漫画「カラミざかり」で検証

伝説のNTR作品と言って良いほどのトラウマ級マックスの

「カラミざかり」で検証!

 

結論から言いますと、話単位で全5話までを購入した内容と

巻単位で全1巻購入した内容は、全て同じでした。

 

検証は、3年以上使用し続けている

BookLiveコミックhttps://sp.handycomic.jp/)でしています。

 

「話」購入と「巻」購入の差

1,金額

あくまで「カラミざかり」を例に比較していますが

「話」単位 1話86円 (全5話なので430円)
「巻」単位 1巻800円(全1巻なので800円)

 

同じ内容が書かれているのに

「話」単位で購入したほうが370円安く

カラミざかりを読むことが出来るのでお得だと言えます。

 

2,漫画の表示内容と内容

「巻」単位で購入すると、漫画本のよう1画面毎に表示されます。

ちなみに、カラミざかり1巻は96ページあります。

 

<1ページ単位で読む事が出来る>

 

一方、「話」単位で購入すると、コマ単位で読める様になっています。

カラミざかり1話から5話までのコマ数は

1話・・・72コマ
2話・・・102コマ
3話・・・68コマ
4話・・・65コマ
5話・・・82コマ  です。

 

<1コマ単位で読む事が出来る>
①の箇所が1コマと言う意味です。

 

何度も書いていますが

「カラミざかり」については、1巻(800円)

5話分(430円)

の漫画の中身は全て同じでした。

 

 

3,その他の違い

今回検証に使用したBookLiveコミックでは経験がないのですが

話購入では閲覧期間が設定されている場合があるようです。

 

カラミざかりが配信されていない電子書籍サイトの「コミなび」での例ですが

話購入すると閲覧期間が数ヶ月と設定されており

(漫画タイトルによるかもしれませんが)

もう一度読みたい場合は、再度購入する必要があります。

 

一度購入したものは

電子書籍サイトの本棚に入れて何時でも読みたいので

閲覧期限が来たからと言って読めなくなるのは悲しい気持ちになります。

 

そんな事もあり、話単位、巻単位でも購入出来き

話単位でも閲覧期間が出てこないBookLiveコミックを

愛用している理由です。

 

まとめ(感想)

どうせ同じ内容を読むなら、金額が安いほうが嬉しいので

今後もわたしは「話」単位で購入すると思います。

 

漫画を読む場合、スマホで読むことが多いので

「コマ」単位の表示のほうが読みやすくて嬉しいですし

1コマ1コマ大切に見ることが出来、臨場感もあります。

 

特に、カラミざかりの様な作品なら・・・(笑)

 

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です